【OW】OWはOWにあらず

【OW】OWはOWにあらず

回はかなり飛躍したお話。

何かしらOW上達のヒントになると思います。

 

めちゃめちゃ抽象的に好き勝手書きます。

何言ってんだこいつくらいに捉えてください。

 

一般的なOWの印象

 

さんのOWの戦いのイメージはどういうものでしょうか。

ロールが分かれていて、それぞれが味方と協力して戦う。

 

やはり連携が重視されるゲームという印象だと思います。

これを今後”OWっぽい戦い”と書きます。

 

沢山のプレイ動画を見させて頂いて思いました。

大多数の方はこの”OWっぽい戦い”を目指してプレイしています。

 

 

OWはOWしないほうが勝てる

 

のゲーム、実はOWっぽく戦わない方が勝てます。

GMの配信を見ていてバラバラだと思ったことありませんか?

 

勝ち試合ほど各々が有利なポジションを取り火力を出している。

「一方的過ぎて参考にならないな…」そう思ったこともあるはずです。

 

3サポ以外ではハルトの後ろにDPSがいることは珍しい。

でも実はその中にOWの勝ち方が潜んでいます。

 

 

端な話、勝てるならOWっぽく戦う必要はありません。

グループを組む必要が無いのにグループを組むのはすこぶる弱い。

 

チームが固まってしまうと敵にとって想定外が少なくなってしまう。

”OWっぽい戦い”は想像の範疇を超えられなくなります。

 

全員がOWっぽい仕事をしても勝てるかは時の運。

”OWっぽい戦い”の中で他人と差をつけるのは至難の技だと思います。

 

 

目的と手段の逆転

 

OWの戦いの目的はあくまで”勝利”することです。

そしてその目的を達成する為に手段を選びます。

 

上手いプレイヤーはまず自らの力で優位を取れるかを考えます。

そして単独では勝てないと判断した場合に味方を利用し始めます。

 

その結果、OWらしい連携を駆使した戦いが生まれます。

これは勝利の目的の為に”OWっぽい戦い”をしたと言えるでしょう。

 

 

かし、大半のOWプレイヤーは目的と手段が逆転しています。

”OWっぽい戦い”を再現することが目的化していませんか?

 

OWっぽく戦い、OWっぽく勝つことを目指している。

この枠に収まっているだけでは勝率は上がりません。

 

上手いプレイヤーは決して”OWっぽい戦い”を目指していません。

 

 

大切なのはバランス

 

ちゃくちゃ突撃する人、がっちり固まる人。

操作の腕次第で案外同じレート帯に収まります。

 

「なぜこの人同じレートにいるんだろう」

そう不思議に思ったことがあるはずです。

 

この価値観の相違がチーム内の喧嘩やヘイトを生みます。

 

 

突撃すべきだ!

グループで固まるべきだ!

 

方が半分正解、半分間違い。

大切なのはバランスです。

 

出来ることは一人でやる。

出来ないことは連携を取る。

 

このバランスが合えば勝率は上がります。

 

 

死フランカ、DPSモイラ、イキリルシオ…etc。

もしかしたらこちらの方が上達が早いかもしれません。

 

一人で有利を取れるギリギリを試しているとも言えます。

デスマラソンを繰り返すに内に味方が必要なラインがわかってきます。

 

こういったプレイを薦めているわけではありません。

ただ、”OWっぽい戦い”を目指すと選択肢を大幅に減らしてしまいます。

 

これはOWを楽しむ上ですごく勿体無いことだと思います。

 

 

まとめ

 

ールQに賛成するかをよく聞かれますが私は反対派です。

希望を入れてマッチングするだけなら賛成します。

 

非現実ですが、2:2:2はGM以上だけなら賛成。

レベルが高くなるほど”OWっぽい戦い”を強いられます。

 

微々たる差を争う為にロールQの実装もアリかも?

 

 

人で優位を取るためにはある操作技術が必要です。

FPSである以上テクニックを疎かにしてはいけません。

 

でもその技術を効率よく適用している人もまた少ない。

凝り固まったOWのイメージは足枷になってしまいます。

 

真のOWはOWにあらず、一歩踏み出してみてください。

 

 

ご質問はコチラ

 

OWやコーチングに関する簡単な質問はDMかDiscordへ。

お返事に数日かかることがあります。ご了承下さい。

 

Discord : wosp#4772

筆者に差し入れを送る

 

 

コーチング依頼について

 

人へのコーチングサービスを行っています。

OWの理解を深めたいという方はぜひご検討ください。

 

WOSP BLOG コーチング要項