【OW】実践ヒーロー図鑑 -タンク編-

【OW】実践ヒーロー図鑑 -タンク編-

践ヒーロー図鑑、第二回はタンク編です。

特性や変更を検討するタイミングを書きます。

 

「特性」「起用」「変更」の3つの基準で執筆。

ピックの参考にしてみてください。

 

タンクの役目

 

去FPSには存在しなかった役職「タンク」。

OWにおいて最重要とも言えるロールです。

 

タンク無しではポジションを取ることは難しい。

ポジションが取れなければ当然火力も出ません。

 

高いHPとアビリティを駆使し、

味方に有利なマップを作りあげましょう。

 

 

ンクには攻撃手段が用意されています。

もし火力が無かったらタンクはただの壁。

 

それでは誰もタンクをプレイしないでしょう。

相手を引きつけるための火力が用意されています。

 

引きつける為に火力を出す、

引きつけたあとは自分の身を守る。

 

これがタンクの基本です。

 

 

本来目指すべき形

 

ンクの持つ火力は時に勘違いの元となります。

味方を囮に、タンクが火力を取ってしまいかねません。

 

理想はタンクが囮となり、DPSが火力を取る形。

タンクが一番火力が出せる場合のみこれが逆転します。

 

タンクがダメ金でDPSを揶揄する光景を目にします。

これはDPSを囮にタンクが火力を取っている可能性が高い。

 

勝てていれば問題ありません。

でも負けているなら大問題です。

 

タンクは自らのダメ金を誇るのではなく、

味方DPSのダメ金を誇りましょう。

 

 

メインタンクとオフタンク

 

ンクはメインとオフェンスに分けられます。

使い方で変動しますが一般的にはこの分類です。

 

メインタンク

ラインハルト

ウィンストン

オリーサ

レッキンボール

 

オフタンク

ザリア

DIVA

ロードホッグ

シグマ

 

インタンクは”狙われながら長く耐える”ことに。

オフタンクは”攻撃しながら狙われる”ことに。

 

それぞれが特化しています。

つまり違いは火力と被弾のバランスです。

 

オフタンクは個を守るためという見方もありますが、

対比にならないのでこういう解釈をしています。

 

 

ラインハルト

 

特性

線を持ち上げることで戦闘エリアを拡大させるヒーローです。驚異的な盾の耐久力(1600)で長時間味方の攻撃猶予を作ります。ハルトが盾を張ればそこがチームの軸になります。盾の後ろから火力を取ってもらうも良し、ハルトを囮にしながら敵を囲んでしまうのもまた手でしょう。

 

起用

に味方が優位に戦える場所まで運び、ある程度そこをキープしたい時に起用します。敵の攻撃が正面から持続的に飛んでくる場合は率先してピックしましょう。使用する時は味方がどこで戦いたいか、どこから火力を出したがっているか考えます。味方にヒットスキャンがいる場合、相手に高台を取られると味方は火力が取りづらいので、ハルト自ら高台のルートを選ぶことも視野に入れましょう。

 

変更

が本格的なダイブ構成などで盾を張る対象がおらず、ハルトの存在が味方の負担になっている場合は変更を検討します。味方がフランカーを対策できていれば問題ありませんが、背後から先に崩されてしまう場合はハルトの軸作りが裏目に出ているケースがあります。また、どのルートでも敵に接近するまでに盾が無くなってしまう、チームが崩れてしまう場合はヒーローを変更し、別の形でフォーカスを貰うことを考えましょう。

 

 

ウィンストン

 

特性

てつもない機動力を持ち、瞬時に間合いを詰めることができるヒーローです。高低差を物ともしないので、高台が多いマップでよく起用されます。ジャンプパックは着地と同時に高いダメージを与えられる為、単体のHP200族なら瞬殺が可能。盾は耐久600の全方位展開と、DPSやサポートにとっては厄介極まりないヒーローです。

 

起用

に、味方への意識を逸らしたい場合に起用します。相手の裏に飛び込みトレゲンとフォーカスを合わせたり、味方グループとは逆方向へ相手の意識を誘うことで戦いのきっかけを作ります。特に高台取りはハルトではどうしても時間がかかってしまい、その間に敵の戦闘準備が整ってしまう為、素早く詰めてしまいたい場合はピックの変更先になります。また、味方がすぐ囲まれてしまう際はグループに残り、360°の盾でハルトに近い使い方をすることもあります。

 

変更

ーパー、ホッグなど敵に接近戦が得意なヒーローが多い場合は変更を検討します。但し、敵チームがバラけていてリーパーらがグループにいない場合は十分に動ける可能性があります。ゼニヤッタは本来得意とする相手ですが、飛び込む射程にいないゼニヤッタは不和と盾割りによって途端に一番の天敵になります。敵の意識を貰いながら長く生きていることがタンクの仕事。相手にされていない、フォーカスを貰って長く生きていられないと感じたら変更を検討しましょう。

 

 

オリーサ

 

特性

置式の盾を張りながら自ら火力が取れるヒーローです。メインタンクで唯一遠距離攻撃が可能。拠点までにレンジがあるマップや、環境キルを狙えるマップでよく採用され、簡単にオリーサが囲まれないよう接近戦の強いホッグや、オリーサと同じく相手を近づけさせない能力を持つシグマとセットで起用されることが多いです。体とヘッドショット判定が非常に大きいため、盾は基本的に自らを守る為に使用します。

 

起用

に、中距離以上のレンジでの戦いを仕掛ける際に使用します。接近されてしまうと他タンクに分があることが多いため、接近される前に勝負をつけてしまうイメージで戦いましょう。直線距離の長いマップでは自ら盾割りに参加できるため、時に敵ハルトを封殺出来ます。相手がオフタンク二枚で盾が無い場合も有効。進軍する準備をさせないことが大切です。あまり接近したくないメイやシンメトラ、もしくはトールビョーンのタレットの対策に起用することもあります。

 

変更

リーサが撃てるレンジや時間が無い場合は変更します。囲まれること、接近されることに滅法弱いヒーローなので、簡単に接近されてしまう場合は他のメインタンクに切り替えます。そもそもインファイトを求めるリーパー、メイ、ザリアが味方にいた場合は合わないことも多いでしょう。前線に立って体を入れて味方を押し上げられるようなヒーローではないので、盾割りやタンクへのヘイトに貢献出来ていないと感じたら早めに変更しましょう。

 

 

レッキンボール

 

特性

人で大きく裏を取ることができる、今までのタンクには無かったヒーローです。ウィンストン、DIVAは裏を取った段階でアビリティが無くなる為、攻撃時の裏取りはなかなかリスキーでした。片やレッキンボールは一人で裏を取り、一人でフォーカスを貰い、一人で逃げられる。多少間違えてもアダプティブシールドで何とかなるので、大胆な立ち回りに向いているヒーローと言えるでしょう。

 

起用

に敵のグループを翻弄して味方への意識を逸らしたい場合に起用します。味方のスナイパーやゼニヤッタなど、フォーカスさえ受けなければ活躍するヒーローと相性バッチリです。また、敵のフォーカスが全てグループに集まり、接近までに盾やヒールがもたない場合の特効薬。ポイントを踏んで相手を動かすベイトも得意とします。パイルと合わせても大した火力を持ち合わせていないため、相手を何人引きつけることが出来るかが肝になります。ヒールを大きく必要としないヒーローなので、味方サポートとDPSの連携が円滑に回ることがあります。

 

変更

方が先に囲まれてしまう場合は変更を検討します。レッキンボールで相手を引きつけるよりも早く味方が潰れてしまった場合、それを囮に連続キルが取れるほどの火力を持っていません。大人しくグループに貢献できるヒーローに変更しましょう。ひたすら敵に対応させ続ける超攻撃的ヒーローなので、味方を守るような動きになると苦しくなります。ウィンストン同様相手にされていない、ホッグやマクリー、ブリギッテなどに片手間で対応されていると感じたら変更しましょう。

 

 

ザリア

 

特性

倒的な火力でのエリアリングを狙うヒーローです。バリアで味方を押し上げることも可能ですが、バリアだけでは長い時間は前線を保つことが出来ません。最終的にエネルギーを多く溜めるのではなく最速でエネルギーを溜め、火力でチームに貢献しましょう。バリアの付与は敵の計算外を誘います。OWにおいて狙っている敵の突然の無敵化や急速ヒールは多大な混乱を招きます。(他にはナノ、虹彩、ビート、メテオストライクetc…)

 

起用

に、グループを前線に持ち上げるための持続的な攻撃力を出す為に起用します。エネルギーが60%以上あれば一部DPS以上の火力を発揮し、1vs1で同条件ならどのヒーローにもまず負けることはありません。遠距離に撃てるボムもジャンクラットに近い火力です。ハルト、メイ、ドム、リーパーのような接近からのキルを狙うヒーローとは敵味方問わず相性が抜群。時に味方サポートを相手の攻撃から守るためにも使用しますが、それはあくまで正面火力で勝てている前提となるでしょう。

 

変更

ルトを押し上げるメリットが少ない場合や、相手に接近する味方がいない場合には変更を検討します。また、敵に高台から火力を取られており、ザリアで高台に接近できる見込みがないのであれば別ヒーローが適役でしょう。高エネルギーであればフランカー相手でも戦えるヒーローですが、対フランカーはエネルギーチャージが難しく、エイムや技術を必要とする為、どうしても翻弄される場合は変更を検討します。

 

 

DIVA

 

特性

動力と火力を両方持ち合わせたヒーローです。OW全ヒーローの中で一番多彩な仕事をこなすことが出来るヒーローだと思います。ピンポイントに厄介な相手を対応することも得意である一方で、グループに入りながらダメージを無効にすることが可能です。DPS、タンクのどちらにも十分な火力が取れる一方、的が大きく、戦場をキープするための持続力に乏しいヒーローとも言えます。

 

起用

に単体の高台の処理、ダイブの一員、相手のダイブやリーパーからグループを守る為に起用します。DMが2秒間あるため、瞬間的な正面のグループのぶつかり合いでもザリアより強い場合があります。裏にスペースがある際は自ら裏取りし、フォーカスを貰うことで敵の注意を味方から逸らします。敵味方どちらの動き出しが早いかを観察し、単独行動かグループアップかを判断しましょう。

 

変更

グループが強固でフォーカスを貰えるほどの十分なダメージが取れない場合は変更を検討します。敵ザリアのエネルギーが溜まっていたり、敵のヒットスキャンとサポートがセットでいたり、届かない場所にゼニヤッタがいるとそもそも接近が許されないません。いざ近づくと即メックが割れてしまい試合が作れず、離れていれば存在理由がなくなってしまう為、変更を考えましょう。

 

 

ロードホッグ

 

特性

距離戦闘に特化したヒーローです。1vs1ではザリア、リーパー、メイ以外のヒーローに負けることはほぼありません。グループにいれば敵タンクの接近を封じることができ、単独行動でフックを警戒させることが出来れば漠然とエリアリングを行うことも可能です。高台に居座ることも得意なので、図体に似合わず起用なヒーローと呼べるでしょう。

 

起用

ループ相手ではなく、横道に逸れてくるDPSやサポート、もしくはそのセットを追い返すことに長けています。なので主に、小道や高台、建物などのキープしたいエリアがあるときに使用します。火力を狙い過ぎるとすぐに撤退することになり、タンクの仕事とはかけ離れてしまうため、ポジショニングやフックの怖さだけでチームに貢献することも視野に入れましょう。また、既にエネルギーの高い敵ザリアをリスポーンしたてのザリアで相手をするよりは、一発フックのあるホッグのほうが時に相手のポジショニングを制限する効果を発揮します。

 

変更

に接近する前に勝負が決まってしまう場合には適していないヒーローです。近づけないゼニヤッタやヒットスキャンには手も足も出ません。横道に逸れることが出来ない、出来ても接近を許されない。相手が盾まみれでフックが通らない、シグマやザリアに遅れを取っている際は大人しく変更を検討しましょう。

 

 

シグマ

 

特性

フタンクには珍しく盾を所持。ハルトほど味方を押し上げる能力はありませんが、短いスパンや相手の正面火力が乏しい場合は十分メインタンクの役割を張れるヒーローです。盾は好きな場所に張れるため、高台を抑えたり、味方を守ったりと自由自在。また、タンク以外との1vs1にはまず負けることはありません。相手のタンクをあしらいながら、相手のDPSやサポートに絡むことが得意なヒーローです。

 

起用

にはみ出している敵DPSを叩きたい時に積極的に使用します。メイン攻撃はHP200族相手には非常に優秀、特にマーシーのダメージブーストや、ゼニヤッタの不和が加わればとてつもない火力になります。味方DPSのために高台を維持したり、奪取することも得意で、こちらから相手を囲むようなシーンでも適役です。シグマを持つときは真正面から受けるより、最終的に相手を囲むような意識で戦いましょう。

 

変更

ンク主導の戦いには向かないヒーローです。タンクvsタンクで勝たなければ味方がポジションを取れないような場合はもっと押し上げる力の強いピックへの変更を考えましょう。また、どうしても排除したい高台の敵DPSを敵のタンクが守っているような場面でもシグマは驚異となりえません。階段で向かえるのであればハルト、ザリア、ホッグのほうが適任でしょう。

 

 

まとめ

 

ヒーロー、ロールには様々な使い道があります。

まずはふんわりとしたイメージ像を掴んでください。

 

タンクはダメージを受ける量の把握が最重要です。

フォーカスを受けるときはHPゲージをよく見ましょう。

 

総HPの1/3は残す意識で戦ってみてください。

それ以上削られるとサポートを焦らせてしまいます。

 

サポートを焦らせる=DPSにヒールが回らない

DPSが活躍しない要因へと繋がっていきます。

 

押し引き次第でレートが上がる。

タンクはOWの中でも一番夢のあるロールです。

 

 

ご質問はコチラ

 

単なご質問はDMかDiscordへ。

お返事に数日かかることがあります。ご了承下さい。

 

Discord : wosp#4772

 

 

 

コーチング依頼について

 

人へのコーチングサービスを展開しています。

既に受講者は500名以上、日本一となっています。

 

WOSP BLOG コーチング要項