【OW】今すぐ直せるNGプレイ

【OW】今すぐ直せるNGプレイ

回は具体的なピックを~と書いてましたが一つ挟みます。

やってしまいがちだけど意外と気づかないNGプレイを紹介します。

 

※DEF = 守り  ATT=攻撃

 

自分の位置を簡単にバラしてしまう

 

DEFの場面でよく見られるシーンです。

特にDPSが簡単に自分の居場所を教えてしまうケースです。

 

DPSに必要なのは簡単にフォーカスを受けないこと、そして意外性です。

例えばハナムラやルート66の防衛で簡単に自分の居場所を晒していませんか?

 

敵に「あぁ、あそこにいるな」と意識されるだけで警戒されてしまいます。

警戒されるということは活躍出来ないように動かれるということ。

 

ダメージを出すのが難しくなるはずです。

 

 

に最初のAの攻防では互いのピックを知る事ができません。

わざわざ”マクリーで高台にいます”と伝えてしまうのはもはや自己紹介です。

 

タンクとサポートは基本的にセットでいれば即死することはありません。

DPSが無駄にダメージを受けてヒールが分散すると簡単に死ぬ人が現れます。

 

まずはタンク側にフォーカスさせて、DPSは一方的に撃つ。

プロマクリーのMontageを見ても一方的に撃ってるシーンが多いはずです。

 

居場所を伝えることで敵に警戒させ、味方が有利になるのであればOK。

警戒”させ”るのか、警戒”され”るのかには大きな違いがあります。

 

 

一度上手くいった作戦を繰り返す

 

れもDEF側によく見られます。

一度敵に刺さったポジションや作戦を繰り返してしまうケースです。

 

相手のヒーローを操作しているのはCPUではなく人間です。

当然、敵の作戦や傾向を読み取って対策を取ってきます。

 

考え無くてはならないのは敵が二回目の攻撃で対策が取れるかどうか。

もし対策が取られそうなら別のポジションを取る必要があります。

 

 

らに、対策が取られそうなら相手が何をしてくるかを考えましょう。

それを逆手に取ることで次のムーブも相手を上回ることができます。

 

ポジショニングで優勢が取れていればさほどエイムは必要ありません。

何度も撃てる機会が訪れるはずです 。

 

高レートになるほど見えないところでの読み合いがあります。

あえて同じポジションにいたり、一歩下がってウィンストンを誘ったり。

 

単純にこの開始位置が強いんだ!と判断して真似するのは危険です。

”自分の経験上強かったポジション” を探しましょう。

 

 

DPSの準備を待たない

 

はタンクでやりがちなNGです。

ハナムラやハリウッド、キングスロウ等の攻撃で開始早々ハルトが拠点に進みます。

 

一見普通のプレイかもしれませんがこの時、味方DPSの準備を確認できていますか?

DPSが高台に進んでいたり、ゲンジやトレーサーが裏を取ろうとしていたり。

 

ファラマーシーがダメージを取っていたり、ウィドウが色んな場所から狙っていたり。

こういった状況ですぐに進んでしまうのはDPSの攻撃時間を減らしています。

 

特にハルトはヒールを独占しがちなので、DPSが満足に戦えなくなってしまいます。

 

 

DPSは正面火力で勝てそうにない為に高台や裏取りを考えているはずです。

それを無視して進んでしまえばハルトは単なるお荷物になってしまいます。

 

DPSのポジショニングを待ってベストなタイミングで進行しましょう。

味方のウィドウやファラが一方的に撃てているなら少し待っても良いと思います。

 

DPSが快適に戦えている間はDPSにヒールをあげてください。

常に味方のDPSの心理を読み取りながらタンクの押し引きを考えましょう。

 

 

ヒットスキャンで拠点に入ってしまう

 

れはアサルトBのDEFでピンチになった時に多いです。

拠点ポイントの進行を抑えるためにDPSが拠点に入ってしまうケースです。

 

知っての通り、DEF側が一人でも踏んでいればゲージは進行しません。

拠点で耐える役割、外からダメージを取る役割は分担すべきです。

 

特にマクリー、ハンゾー、ソルジャー等のヒーローは拠点内では即死します。

味方が一人でも残っていたり、ゲージがギリギリじゃない限りは外から撃ちましょう。

 

そうすれば敵は外からダメージを取る人を拠点から離れて警戒しに来ます。

拠点で耐える人の生存率が上がり、中の人が火力を出せる可能性も生まれます。

 

粘っているだけではいつまでも取り返すことが出来ません。

自分が粘り担当なのか、ダメージ担当なのかを自覚しましょう。

 

 

ペイロードの道筋で戦いがち

 

れは全ロールで言えることです。

レートが低いほどペイロードやその道のりで戦うことが多いように感じます。

 

ATTで敵が押し寄せるのに対しペイロードから離れられず囲まれてしまう。

DEFではペイロードをその場で止めることを優先し、状況を悪くしてしまう。

 

ダイブ構成でもペイロードから飛び込むようなケースが多いです。

攻撃が至極単調になってしまうので、まずは一度ペイロードから離れましょう。

 

 

ルト構成でもペイロードの周りで戦うと戦場が窮屈になります。

大幅に前に出るか、ペイロードを盾にするくらい下がってみてください。

 

極端な話、ペイロードは敵を全滅させてから進めても構いません。

DEFなら敵を全滅させればペイロードは少しずつ戻っていきます。

 

チェックポイント付近出ない限りは得意な場所で戦うことを意識してみてください。

ペイロードを中心に敵に挟まれそうになったら速やかに離れましょう。

 

 

味方と同じところから出てしまう

 

DPSやタンクによくありがちなシーンです。

味方と同じところから進行しまうと敵の攻撃や警戒がそこに偏ってしまいます。

 

OWでは、DEF側が入り口の少ないところまで詰めるのがセオリーです。

ただATT側にとって一つしか入り口がないという場所は存在しません。

(アイヘンバルデの最初の門はしっかり修正されましたね)

 

ハルトとザリア、ゴリラとDIVAがセットで動くとそこにダメージは集中します。

結果、ハルトの盾が厳しくなりゴリラはジャンプの前に盾を使用することになります。

 

盾割りが厳しい状況では別々の入り口から進んでみましょう。

盾が足りなければフランカーで裏取りしてダメージを緩和してあげてください。

 

 

まとめ

 

回はすぐに実践に移せるものばかりです。

これらは人に伝える過程でテクニックの一つなのだと気づきました。

 

出来ていない場合はずっと気づかない可能性もあるでしょう。

このゲームは活躍するよりもミスを減らすことが重要です。

 

レートが上がらない、下がる人には致命的な原因がどこかに必ずあります。

一度ダメージ量やスタッツを気にせず、戦いを広い視点から見てみてください。

 

 

ご質問はコチラ

 

OWやコーチングに関する簡単な質問はDMかDiscordへ。

お返事に数日かかることがあります。ご了承下さい。

 

Discord : wosp#4772

筆者に差し入れを送る

 

 

コーチング依頼について

 

個人へのコーチングサービスを行っています。

OWの理解を深めたいという方はぜひご検討ください。

 

コーチング要項