【OW】DMでもらったご質問 #8

【OW】DMでもらったご質問 #8

 

Q&Aシリーズ第8弾。

Q&A

 

タイムリーなご質問

 

Q.

1-3-2についてどう思う?

 

A.

反対です。OWの良さは役割分担にあると思っています。1-3-2のミラーマッチは個の比重が大きく、DPSをDPSで止めなければならない機会が増えます。強化もタンクだけでは済まないはず、全てを1から調整していくことになるでしょう。

 

1-3-2のメリットはDPSの待機時間の緩和、あとはグループ轢き殺し構成の抑制。後者はヒーロープールである程度解決すると思います。

 

待機時間の解決方法はタンクの強化と言われていますが、タンクが選ばれないのは弱いからではなく、選択肢の少なさとエイム要素の不足ではないでしょうか。

 

FPSゲームである限り相手を狙って攻撃するヒーローに人が流れるのは当然です。”1-3-2固定”というよりは、タンクにDPS寄りのヒーローを増やせば良いと考えます。

 

 

Q.

Valorant(Project A)はどう思う?プレイする?

 

A.

ValorantはOWとは全く方向性の違うものです。特殊能力はあれどタンクのようなロールはなく、マップも細道や障害物が多そうなのであくまでCS:GOやAVAライクな”ザ・シューティングゲーム”に見えました。

 

私はバトルロワイヤル形式や、曲がり角に照準を置いて反射神経やエイム、リコイル精度を競うような生粋のFPSを好みません。OW好きには少なからず同じような感覚の方がいらっしゃると思います。

 

今後ビックタイトルになるのは間違いないので多少は触りますが、移行は考えておりません。

 

 

Q.

回のヒーロープールについてどう思う?

 

A.

週目はオリーサ、メイ、ハンゾー、バティストがBAN。メイ禁止でハルザリに拍車がかかる分、ダイブも増えるでしょう。ナーフされたレッキンボールも使いやすいと思います。

 

ダイヤ帯までは前シーズンからハルザリを基点としたメタなので大きく変わらない気がします。タンクサポートは元々少ない選択肢からさらに1つずつ減らされてしまっているので、戦いを変えるのが難しくなりますね。

 

ストレスフルなハンゾー、メイがいないOWはかなり楽しいものになるのではないでしょうか。ヒーロープールは今後の調整の大きな判断材料にもなるかもしれません。

 

ヒーロープールよりもライバルマッチにマッププールは必要なのでしょうか…

 

 

Q.

近自分も周りもレートがすごく落ちた。何か変わった?

 

A.

ずロールキューが始まったことにより、良くも悪くも”カッチリ”としたOWになりました。そこまで敵味方の構成が荒れることもない分、メタに沿ったヒーローをそれなりに使えばレートが上がる環境が続きました。

 

S20のシグマナーフ後、突出して強いヒーローがいなくなりそのバブルが崩壊しました。現在はメタに沿った強いヒーローを漠然と上手く扱えても、チーム戦においてそれほどアドバンテージにならなくなっています。

 

ヒーロー性能で有利が取れない分、2:2:2に溶け込み戦いを撫でてしまう方が増えています。反対に、味方の目的と勝ち筋を察知してチームを尖らせることが出来る人にとってはレートが上げやすい環境とも言えます。

 

プレイ以外にも考える時間を設けてみてください。

 

 

Q.

のパッチについてどう思う?-PATCH NOTE

 

A.

回のパッチはバティストのブーツチャージが速くなったり、シグマのULTの上昇スピード増加、ソルジャーのロケランCT減少、ボブが寝ないなど各ヒーローの個性を伸ばすものが多くて面白いですね。

 

D.VA、バティストのCTやオリーサの火力については適正に戻したという印象。言葉通りメタに対してピンポイントにアプローチをかけているのがわかります。

 

それが顕著なのはメイのウォールのナーフ。2:2:2導入後のメイは本当に凶悪で、タンクのキュー不足に一役、二役は買っていると思います。今後メイの採用率増減に関係なくリワークを考えていいレベルでしょう。

 

ソルジャーの躍動に期待したいものの、近年のトップメタは展開が早い上にグループがとても固い。ソルジャーでどれだけ神エイムを持っていても、メイの壁1つや全体ヒールがグループへの貢献を上回ってしまいます。

 

ライバルマッチではかなり実用的になりそうですね。過剰なヒール量は下げ、エイムを必要としないスキルによる莫大なアドバンテージはリワークしてほしいというのが個人的な希望です。

 

 

 

プレイに関するご質問

 

Q.

ッグザリアなどの盾がいない相手に勝てない。

 

A.

がいない構成は必ずと言っていいほど囲みを狙ってきます。簡単に囲まれたら苦しくなる上に、狭いチョークポイントではむしろ盾が無いほうが有利に働くことも少なくありません。

 

タンクは算段ナシに進むのではなく、挟まれないルートを選ぶ、味方DPSの火力に相手が苦しむのを待つ、もしくは機動力でチョークポイントを脱して相手を動かすなどの工夫が必要です。

 

オリーサを起用して遠距離からちょっかいを掛けたり、フックを持つホッグを起用し警戒させる、ニ盾で仕事をさせないようにするのもアリかもしれません。

 

DPSは素直にソルマクアッシュで火力を取りましょう。「盾がいないからウィドウを出す」のはエイムに自信のあるプレイヤーの選択肢だと思います。ウィドウは盾が厳しい相手に対してやむなく隙間からキルを取るヒーローだと考えましょう。

 

サポートはアナやゼニヤッタのような、盾が無いと不安にさせるようなヒーローを出したいですね。

 

 

Q.

DPSの時、味方サポートに守ってくれと言われる。

 

A.

のサポートがチームが勝つための目的に必要なのであれば守るべきです。特にハルザリを基点とした味方タンクから進めるような構成でのサポート崩壊はそのまま負けに繋がります。

 

反対に、DPSから戦いに入るような場面ではタンクについているサポートの価値がそこまで大きくありません。自らが先に裏から有利を取れるのであればそちらに専念したほうが良いと思います。

 

味方が崩壊してしまう前に自らキッカケを作れないのであれば、大人しくタンク裏に回ってサポートを保護しながら進むのが無難です。自分のプレイスキルと見合わせて立ち回りを考えましょう。

 

 

Q.

ッシュ&ウィドウ、ゲンジ&トレーサー

ソルジャー&マクリー、どう使い分けてる?

 

A.

ッシュはウィドウよりも近中距離に優れ、ダメージレースに参加できることが強みです。ウィドウはスコープ倍率が高く、近距離の戦いに向きません。ダメージレース参加を諦めていないならアッシュを選びます。

 

ただし、エイム力のあるウィドウならヘッドショットでタンクへの火力にも貢献できますし、近中距離なら最強のマクリーがいます。ボブが寝なくなればULTでここに割り込めるかもしれません。

 

ゲンジトレーサーはマップの構造によって戦える時間の長さが変わります。高低差があるマップならゲンジ、平面的ならトレーサーのほうが相手に長く絡むことが可能です。ヒールをもらう量、ULTのシナジーで選ぶのも良いですね。

 

マクリーとソルジャーは、グループを守りたいのであれば基本的にマクリー。ロームを行う場合、誰もいない場所を狙うならソルジャー、相手のポジションを取り返す場合はややマクリーが優勢か。

 

 

Q.

ULTが貯まりかけている時はピックは変えない?

 

A.

のULTで状況を打破できそうかどうかで考えます。ピックを変えたほうが状況が好転するのであれば変えますし、ULTでワンチャンス作れそうなら試してみて駄目なら変えます。

 

ULT以外でも、味方がピックを変えた際は自分は変更を辛抱することも検討しましょう。基本的にピックは1人変えるだけで戦いに変化が生まれます。

 

味方も何か考えがあって”今の構成に対して”ピックを変えたのかもしれません。そこで自分も変更してしまうとその味方がピック変更で狙っていた戦いは望めなくなるので注意しましょう。

 

 

 

デバイスのご質問

 

Q.

ウスの選び方を教えて!

 

A.

物買いの銭失いにご注意を。安いマウスはやはりそれなりで、いずれ買い換えることになると思います。多少手に馴染まなくても大手メーカーの売れているゲーミングマウスをお勧めします。

 

1つのマウスでも様々な持ち方ができます。運命のマウスに出会うまで購入を繰り返すよりは、ある程度自分から迎合する方が財布にも優しいと思います。

 

店頭で試して「良いな」と思っても、家に持ち帰ったらまったく感覚が違うのは私だけでしょうか。現在はLogicoolのG-Pro Wirelessを使用しています。またデバイス紹介記事を出す予定です。

 

 

Q.

ウスパッドはどれくらいの頻度で変えますか?

 

A.

レイする頻度によって多少前後しますが、大体2ヶ月くらいで変えるようにしています。マウスパッドが白くなったり、滑る感覚が違ってきたら交換を検討し始めます。

 

手洗いするプレイヤーも多いと聞きますが私はしません。消耗品だと考えて買い溜めるようにしています。

 

 

Q.

ーミングモニターを買うべき?やっぱり違う?

 

A.

然違います。PCでプレイするなら最低でもリフレッシュレート120Hz以上のモニターを検討しましょう。OWのように動きが激しいゲームほど恩恵が大きいです。

 

リフレッシュレートが高いほど相手の動きが滑らかに遅く見えますし、厳密に言えば壁から出てくる敵もリフレッシュレートが高いほど早く表示されるようです。

 

PS4の方でも気にしたいのが応答速度。これはゲーム側の情報がモニターに表示されるまでの時間で、これが遅いと入力ラグを感じて操作がもたつきます。

 

モニターによって〇msというほんの誤差なものですが、6msを超えたあたりからエイムや操作に影響がでます。PS4ならリフレッシュレートは60Hzの応答速度2ms以内のモニターを検討しましょう。

 

モニターではなくテレビだとかなり応答速度が遅いはずです。テレビによっては“ゲームモード”というラグを軽減するものもあるので設定から探してみてください。

 

 

まとめ

 

ーロープール後のOWLが楽しい。

ハルトがBANされてるので色んな構成が見られます。

 

まだハルトをオリーサで代用していることも多いですね。

よほどの高台が無い限りはメイ最強といったところ。

 

ともあれOWLへのヒーロープール導入は成功だと思います。

 

 

コーチング依頼について

 

人へのコーチングサービスを行っています。

全タイトル中、依頼数、売上、レビュー数トップです。

 

下記から受講者レビューを見ることが可能です。

是非ご検討ください。

 

GamerCoach – wosp

 

 

ご質問はコチラ

 

OWやコーチングに関する簡単なご質問はDMかDiscordへ。

お返事に数日かかることがあります。

 

Discord : wosp#4772

 

筆者に差し入れ

 

事が参考になりましたらよろしくお願いいたします。

執筆のモチベーションにさせて頂きます。