【OW】センシの設定方法

【OW】センシの設定方法

回はセンシのお話。

それぞれのメリット・デメリットを書き出していきます。

 

意外と見落としがちなデメリットもあるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

 

PC版のお話になります。

 

ハイセンシ

 

近距離 ★★★★★

遠距離 ★☆☆☆☆

索敵  ★★★★★

想定外 ★★★★★

確実性 ★☆☆☆☆

 

OWの場合、振り向きが12cm以下は比較的ハイセンシだと思います。

[DPI×ゲーム内設定]で計算すると6400以上からはやや高めです。

 

OWLプレイヤーでもフランカーやタンクを使う人は高めになっています。

極端な例だとGeguriの振り向き4.6cm(15200)ですね。

 

 

ハイセンシのメリット

 

近距離に強くなる

 

ハイセンシは近距離勝負に強くなります。

上下左右、至近距離のトリッキーな動きも追うことができます。

 

 

トリッキーな動きがしやすい

 

フランカーの人にハイセンシ多いのはこの部分です。

マウスを持ち上げることなく一連の動作を行えます。

 

 

想定外の事態にすぐ反応できる

 

ハイセンシは想定外にも強くなります。

相手に裏をかかれても咄嗟に反応がしやすいはずです。

 

 

得意なマウスパッドの位置で戦える

 

人それぞれ体勢によってエイムの精度は変わります。

得意な体勢、マウスパッドの得意な位置で常に戦うことが出来ます。

 

 

選択肢が増える

 

ハイセンシは360°を素早く見渡すことができます。

その結果、戦いの選択肢が増えることがあります。

 

 

ハイセンシのデメリット

 

確実性が減る

 

確実性が少なからず減ります。

全弾は当てられない前提で戦うことも視野に入れましょう。

 

 

遠距離に弱くなる

 

マクリーなどはハイセンシで遠距離を狙うは非常に難しい。

そもそも狙いに行かなくなる可能性もあるでしょう。

 

 

自然と敵に近づいてしまう

 

これもよく起こりやすい癖です。

確実に当てる為に不用意に近づいてしまうことがあります。

 

 

選択肢が増える

 

出来ることが増えるというのは時にデメリットにも。

誰を狙うか迷ってしまったり、すぐに目移りしてしまう可能性があります。

 

 

鈍る可能性がある

 

これは人それぞれだと思います。

ハイセンシは何日かプレイを空けてしまうと当てるのが難しくなります。

 

 

ローセンシ

 

近距離 ★☆☆☆☆

遠距離 ★★★★★

索敵  ★☆☆☆☆

想定外 ★☆☆☆☆

確実性 ★★★★★

 

OWでは振り向きが20cm以上は比較的ローセンシになると思います。

[DPI×ゲーム内設定]で計算すると3500以下はやや低めです。

 

OWLプレイヤーでもヒットスキャンを扱う人は低い傾向があります。

極端な例だとJJonak、Ryujehong、Birdingは振り向き約35cmです。

 

 

ローセンシのメリット

 

遠距離に強くなる

 

ローセンシは遠距離勝負に強くなります。

かなり離れた位置からでも当てることが容易にできるでしょう。

 

 

確実性が増す

 

エイムに確実性が増します。

当たらないかも…みたいなことはあまり考えないでしょう。

 

 

立ち回りを計算しやすい

 

確実性が増すということは立ち回りの算段も立てやすくなります。

試合展開も予想しやすいでしょう。

 

 

鈍りづらい

 

わりと久しぶりにプレイしても当てることが出来ます。

プレイ頻度の高くない人はローセンシのほうが良いことがあります。

 

 

ローセンシのデメリット

 

近距離に弱くなる

 

近距離ではマウスを大きく振る必要があります。

フランカーがまとわりついてきたときはマウスに火がつくかもしれません。

 

 

自然と敵から離れてしまう

 

接近されたときに少しずつ離れてしまいがちです。

真上を見上げる時も無意識に下がりながらエイムしてしまいます。

 

 

選択肢が減る

 

これも無意識に選択肢を排除している可能性があります。

マウスを沢山振りそうな戦闘にあえて入ろうとはしません。

 

 

マウスパッドが足りなくなる

 

右にエイムしてから予想外の敵がさらに右に…!!

なんてことになった時にマウスパッドが足りなくなるかも。

 

 

色んな体勢でのエイムが求められる

 

腕を伸ばしきった状態からのエイムが苦手…

マウスパッドの場所によって精度が変わる可能性があります。

 

 

センシの決め方

 

局はどちらも一長一短です。

 

ハイセンシに必要なことは文字通りエイム力。

細かいエイムを短いスパンの中で調整する器用さが必要です。

 

ローセンシに必要なことは腕をしっかり振ることです。

さらに効率よくマウスを持ち上げる必要があります。

 

これらをクリアしていれば両方の短所を埋める事ができます。

どちらを克服するかを基準に選択しても良いでしょう。

 

 

分の腕の支点がどこかも考慮しなければなりません。

机に手首を置いて振るのか、肘を置いて振るのか、です。

 

私の場合は以下のように支点ごとのベストがあるようです。

この中でも手首支点の時が圧倒的に強いと思っています。

 

cm=振り向くまでにマウスを振る距離

 

 

に、まだ自分のベストが見つかっていない場合。

試しに肘支点の振り向き15cmに設定していたとしましょう。

 

振り向き15cmに設定してみる

 

支点15cmで精度が低かった場合はセンシを下げていくと思います。

おそらく16cm~18cmあたりでベストを探すでしょう。

 

でも先程も書いたとおり私のベストは手首支点です。

結果的にセンシを大幅に上げることが正解でした。

 

肘支点のまま彷徨っていると気づくことが出来ません。

一度大胆なセンシも試してみてください。

 

 

あなたは器用?不器用?

 

ンシの設定方法で私がよくアドバイスするのは、”普段から器用かどうか”です。

 

日常生活で手先が器用な人はハイセンシを薦めます。

もし自分はそうではないと感じるのであればローセンシを薦めます。

 

計算で出していく方法も良いのですが、結局はそこじゃないかなと。

自分の器用さとも相談してみましょう。

 

 

は器用さだけが取り柄なのでハイセンシに設定しています。

DPI 800のゲーム内10~12あたりです。

 

とはいえ、一年中振り向き9cm~30cmまでコロコロ変えてます。

決してエイム重視のゲームではないので悩みすぎないようにしましょう。

 

上手いプレイヤーほど撃てるチャンスを増やすことができます。

戦闘中に「これを当てなきゃ勝てない」「当てなきゃ死んでしまう」。

 

こういったシーンが多い方は立ち回りから見直しましょう。

 

 

迷ったらハイセンシ

 

っている場合はハイセンシ”気味”をオススメします。

上にも書いたとおりローセンシは動きが制限されることがあります。

 

オーバーウォッチの戦闘において生死に関わるのは大体近~中距離です。

遠距離で無理に戦う必要性はほとんどありません。

 

なので例えゼロ距離でも自信を持って戦えるセンシを設定しましょう。

もちろんマクリーやウィドウだけ低めに設定しても構いません。

 

ローセンシであるが故に色んな動きが試せないのは勿体無いです。

ガンガントリッキーな動きに挑戦してみましょう。

 

 

まとめ

 

ゃあ12cm~20cmのミドルセンシで全部解決じゃん!

…とはなりません。

 

長所がなくプレイスタイルが中途半端になることがあります。

卒なくこなしたいならミドル、といったところでしょうか。

 

実際はミドルの人口が一番多いと思います。

ミドルの中でどっち寄りにするかの参考にしてみてください。

 

 

末は多忙でなかなか更新が出来ませんでした。

年末年始の連休中にはヒーロー図鑑のタンク編を更新します。

 

その前にS13のプレイ総評や環境についての記事も書くと思います。

また覗いてやってください。

 

今年はe-Sports飛躍の年ということで私の生活にも変化がありました。

今後とも精進して参りたいと思います。

 

来年もよろしくお願いいたします。

 

 

ご質問はコチラ

 

OWやコーチングに関する簡単な質問はDMかDiscordへ。

お返事に数日かかることがあります。ご了承下さい。

 

Discord : wosp#4772

筆者に差し入れを送る

 

 

コーチング依頼について

 

人へのコーチングサービスを行っています。

OWの理解を深めたいという方はぜひご検討ください。

https://gamercoach.jp/coaches/41

 

コーチング要項