【OW】 S20メタリポート 後半戦

【OW】 S20メタリポート 後半戦

 

うやらOWはアプデ頻度を早めるそう。

出来るだけこまめに記事を出していきます。

 

今回はS20の後半戦のメタリポート。

既に固まりつつある環境を解説していきます。

 

 

アップデート情報

 

変更内容

 

ハンゾー

・連射矢のダメージが一発70→60に減少

 

マクリー

・デッドアイ時に視点を自由に振れるように

 

リーパー

・メイン攻撃のダメージ吸収が40%→30%に減少

 

オリーサ

・メイン攻撃のダメージが一発11→10に減少

・フォーティファイのCTが8秒→10秒に延長

・ストップの硬直時間が1秒→0.65秒に短縮

 

シグマ

・スタンorデスでULTが中断されるように

・ULTで叩きつけた後の硬直が0.9→0.6に短縮

・岩の範囲ダメージが最大60→40に減少

 

バティスト

・メイン(攻撃)の硬直時間が0.36秒→0.45秒に延長

・メイン(回復)の回復量が60→50に減少

 

 

クリーのHPやオリーサのメイン等。

PTRとは少し違ったものがLIVEに反映されました。

 

 

環境変化

 

ニ盾環境に終止符

 

プデから一週間。

既に大きな環境変化が起きています。

 

グランドマスターのタンクピック率

 

回の予想で環境変化は

”メイ vs レッキンボールの性能対決”と書きました。

 

ニ盾と共にグループを固めるメイ。

それを動かすレッキンボールのウザさ。

 

今回のアプデでこの均衡が崩れましたね。

シグマとメイの起用率が大きく落ちました。

 

 

D.VAの台頭

 

待ちかね、D.VAが台頭してきました。

3秒ブーストよりも環境変化の影響が大きいと思います。

 

元々なんでも屋で器用だったD.VA。

現在のD.VAの役割については後述します。

 

 

サポートがチームの鍵を握る

 

感的にサポートが非常に重要な環境だと感じます。

それほどまでに他のヒーローバランスが取れてきました。

 

アナとモイラの使い分けやゼニヤッタの出しどころ。

戦いの明暗を分けるほど戦況に影響します。

 

タンク、DPS陣はサポートのピックをよく見ましょう。

時にはサポートによって立ち回りを変化させる必要があります。

 

 

タンクの組み合わせ

 

GM帯では以下4つの組み合わせを多く見かけます。

 

正面インファイト型

 

・ハルト × ザリア

 

来からの正攻法です。

スピードと火力の両刀で攻め上げます。

 

スローダウンしても火力が持続するのが強み。

全レート帯で使いやすい構成だと思います。

 

 

・ハルト × D.VA (メイ、リーパー、ルシオ)

 

ルト、D.VAの相手を轢き殺す形。

ルシオを用いて速攻を仕掛けていきます。

 

GOATSや前環境のインファイトに近いものがあります。

高いレートでないと難しいかもしれません。

 

 

ダイブ型

 

・レッキンボール × D.VA

 

ールとウィンストンの違いは自由度です。

ボールは単独の生存率が高く、場所を選びません。

 

先にボールが切り込み、折り返してダイブ。

マスターあたりまではボール+ゴリラも面白い。

 

 

・ゴリラ × D.VA

 

の構成は周りもダイブに寄せる必要があります。

ボールと違い、戦う場所が限定されます。

 

DPSはトレ、ゲン、ファラ(ソル)、ウィドウなど。

サポートはアナルシゼニマシあたりが安定か。

 

 

ハイブリット型

 

ハルト + レッキンボール

 

ルトを軸にグループは置いておき、

レッキンボールが自由に動き回る構成。

 

ベイトしても良し味方とパイルを合わせてもよし。

ボールの実力次第ではあるものの非常に強い構成です。

 

※ ベイト… 裏やポイントに回って相手を釣るような動き

 

 

ハルト + D.VA(ゴリラ)

 

ンファイト型とは違いD.VAが自由に動く形。

単独の敵DPSに絡んだりベイトで戦いを動かします。

 

ボールとD.VAはマップ的に使いやすい方を選択。

レートによってはゴリラでも良いと思います。

 

 

現状のD.VAの立ち位置

 

上級者向き

 

言でいえば今のD.VAは上級者向き。

特にインファイト型は周りの理解が必要です。

 

ハイブリットにしても”長くうざく”が求められる。

現状、出すだけで強いヒーローではありません。

 

マスター帯からD.VAの勝率がガクッと落ちる

 

 

D.VAの勝ちパターン

 

そらくマスター帯までのD.VAの勝ちパターンは…

 

・比較的慣れ親しんだダイブ

・ハイブリッド型でポークか裏取り

・ダイブに対するカウンター

 

このあたりだと思います。

明確な目的を持って使用することをオススメします。

 

 

~マスター帯のオススメ

 

タンク

 

ダイヤ帯タンクピック率

 

スター帯までは圧倒的にハルザリ環境です。

戦闘に速効性が無い為にここに落ち着くのでしょう。

 

不利を取った場合はULTで逆転を狙う。

もしくはボールを起用して相手をかき乱します。

 

高低差があるマップではダイブを。

相手まで距離があればオリホッグも悪くありません。

 

 

DPS

 

ダイヤ帯オフェンスピック率

 

ルザリならDPSはわりと何でも良いと思います。

盾割も可、ダメージはザリアに託してフランクも可。

 

汎用性が高いのはマクリー…

ですが、私は押し付けが強いヒーローを勧めます。

 

攻撃で先手を打つならトレ、ゲンジ、ソルのほうが上。

スナイプと脱出する術を持っているアッシュも強い。

(ウィドウは短時間で射抜ける自信があるなら)

 

 

イブ対策は基本的にDPSではなくタンクを止めます。

 

ゼニがいればソルハンマクで完封狙い。

いなければリーパーやビョーンでヘイトを稼ぎます。

 

ボールや半端なダイブにはソンブラが刺さります。

遅いハルザリ相手にも立ち回ることができるでしょう。

 

 

サポート

 

ダイヤ帯サポートピック率

 

述した通り過去最高にサポートが重要な環境です。

状況に応じたピンポイントなピックを求められています。

 

サポート自ら攻撃的なのはアナ、ゼニ、ブリの3人。

阻害、不和、バッシュで戦いをリードすることが可能です。

(攻撃的なモイラをやるなら相方のヒール量に注意)

 

モイラ、バティストはタンクを支持する2人。

ルシオとマーシーは全体のヒール供給に使用します。

 

最初からヒール量を優先的に考えるのは弱気なピック。

チームが前を向いて戦う為に強気なピックをしましょう。

 

 

手に盾が少ない構成が増えました。

必然的にゼニヤッタとアナが強くなっています。

 

また、使えるならブリギッテが非常に強く感じます。

攻めながら守れる、とても優秀なヒーローです。

 

一度ノッてしまえば対策も難しい。

苦手な場合は練習しておいても良いでしょう。

 

 

気なピックの組み合わせ例はこちら。

 

・アナ × ゼニ 

・アナ × ブリ(ルシ)

・ブリ × モイラ(バティスト)

・ゼニ × モイラ(バティスト)

 

左側が戦いのキッカケや目的を作れるサポート。

それを支える為に右側に誰を置くかをイメージします。

 

 

うしてもダイブ相手に先手を打たれる展開の場合。

主にサポートとしてのカウンターは二択になります。

 

①「耐え凌ぎ構成」

(モイラ、バティスト × ルシオ、ブリ、マーシー)

脇腹を締めて猛攻を耐えて凌ぐタイプ

 

②「返り討ち構成」

( ゼニヤッタ、ブリ × アナ、モイラ、マーシー)

一か八か、返り討ちにするタイプ

 

 

方がホッグ、リーパー、メイ、ビョーン…

のようなゴリゴリグループなら①で良いでしょう。

 

対策は出来ているので足手まといにならないようにします。

自分がチームの穴にさえならなければいずれ勝てます。

 

 

方で、味方がソルマクなど分散しているような場合。

②のような対策が必要になります。

 

必要なのはヒール量ではなく相手を痺れさせること。

極論ブリ×ゼニ、ゼニ×ルシでも良いかもしれません。

 

ダイブには必ずキッカケを作る人がいます。

同時に全員が飛んでくることは滅多にありません。

 

そのキッカケを早期に潰し、攻撃の火を消します。

その状況を作るためにはゼニヤッタが必要です。

 

 

イブ相手にゼニヤッタは辛く感じるかもしれません。

でも対ダイブはやるかやられるか、紙一重です。

 

苦しい状況を打破する為に必要なのはヒール量か攻撃か。

臨機応変に切り替えましょう。

 

 

Jeffの発表について

 

アップデートのペースを早める

 

しいです。

特に微調整パッチは早めに入れて欲しいです。

 

ただ、個体の強さをがらりと変えるのは程々に…

ヒーロープールがあれば変更も最小限で済むはずです。

 

 

ヒーロープール制について

 

目ならやめるといったニュアンスでしたね。

ただ毎週というのはなかなかハイペースです。

 

ピックをメタ基準に考えている方は不利を取ります。

マクロにOWを理解する必要があるでしょう。

 

流行りを知った2,3日後にはメタが変わっています。

 

 

OWLに関してはせめて隔週が良いのではと。

戦略性と即興性、両方が見てみたい。

 

タンクサポートに沢山新ヒーローがほしいですね。

確かにDPSのBANだけではメタは変わらないと思います。

 

 

まとめ

 

こ数日でOWは一気に舵を取りました。

完全にメタに対するアプデを入れてきています。

 

その結果、以前よりもヒーローバランスが取れています。

現状トップでない限り明確に弱いヒーローは存在しません。

 

柔軟な考え方がレートアップに繋がります。

メタに流され過ぎないように注意してください。

 

 

コーチング依頼について

 

人へのコーチングサービスを展開しています。

既に受講者は300名以上、依頼数は日本一となっています。

 

WOSP BLOG コーチング要項

 

 

 

ご質問はコチラ

 

OWやコーチングに関する簡単なご質問はDMかDiscordへ。

お返事に数日かかることがあります。

 

Discord : wosp#4772