【OW】囲まれた時の対処法

【OW】囲まれた時の対処法

 

OW講座です。

今回は囲まれた時の対処法。

 

囲まれた時の対処法

 

を取られると不利になることが多いOW。

 

味方がフランカーを対処してくれない!

ハルトでどう対処すればいいんだ!

 

そんな阿鼻叫喚をよく耳にします。

実は対処法は大きく分けて4パターンあります。

 

意外な打開策があるので覚えておきましょう。

 

 

4つの対処法

 

い返す

 

を取ってきた相手をキル、もしくは追い返す形。

レートによってはこれ一辺倒な方が多い印象です。

 

この選択肢は相手を1vs1で制するテクニック。

そしてピック相性の優位性が求められます。

 

追い返す(倒す)そしてすぐグループに戻る

 

 

に倒れる(相手にしない)

 

を取られる前に相手グループに畳み掛ける形。

チョークポイントを前倒して相手を孤立させます。

 

半端なダイブなら相手にしないという手も。

ルシオやバティストのヒールに任せます。

 

トレーサーに当たりたくないアナは前に

 

 

ォーカスをかける

 

取りの相手に対して畳み掛ける形です。

この場合、相手を倒し切ることが条件となります。

 

拠点は先に取られてしまうかもしれません。

その後の人数有利で拠点を取り返します。

 

形が悪くなる分、倒しきって人数有利を作りたい

 

 

 

っつり下がる

 

度下がって状況を作り直す形。

打つ手ナシと判断した場合には大きく下がります。

 

グループごと下がって裏取りをケアする

 

 

NGな対処法

 

まれてからモタモタしてはいけません。

前述した4種から素早く対策を選択する必要があります。

 

モタモタしてただ囲まれる

 

複数人でフォーカスして倒せない(トレの思う壺)

 

 

を取ってくる相手に対して優位性が無い場合。

少し大袈裟に前に倒れてみましょう。

 

”前方の相手から倒すんだ”

という意図が味方に伝わるかもしれません。

 

味方に伝える動き

 

 

そもそも囲まれない為には

 

野を広く持つ

 

ループの戦いは大体予想がつくことが多いです。

想定外は常にグループの外から訪れます。

 

特に相手グループにDPSの姿が見えないとき。

しっかりと視野を広く持つよう心がけましょう。

 

あらかじめ視認できていれば

 

ポジションを変えておくことが出来る

 

アンブッシュして先手を打ってもよし

 

 

まれにくい位置で戦う

 

けた位置は囲まれやすくなります。

のびのび動くフランカーは対処に困る。

 

ルートの限定されたポジションで戦いましょう。

普段よりもチョークポイントを前倒しにします。

 

裏を取る時間も作らせない

 

 

まれる前に囲む

 

況が限定されますがこんな囲み方も。

先に裏をとってゲンジよりも活躍するケース。

 

隠れたマクリーのほうがゲンジより先に刺さる

 

 

まとめ

 

取りに対する判断はOWにおいて重要なファクター。

過剰な裏取り警戒はチームを陥れます。

 

ァラ相手にマクリーは必要か。

フランカー相手にアナを守らなきゃいけないのか。

 

実は必ずしもそうではありません。

この4種のパターンをうまく使い分けてみてください。

 

 

コーチング依頼について

 

人へのコーチングサービスを行っています。

 

下記から受講者レビューを見ることが可能です。

是非ご検討ください。

 

GamerCoach – wosp

 

 

ご質問はコチラ

 

OWやコーチングに関する簡単なご質問はDMかDiscordへ。

お返事に数日かかることがあります。

 

Discord : wosp#4772

 

筆者に差し入れ

 

事が参考になりましたらよろしくお願いいたします。

執筆のモチベーションにさせて頂きます。