FPSは囲碁である!?

FPSは囲碁である!?

囲碁が得意です。

私のFPSの原点は碁にあります。

 

「強くなりたければ碁を覚えるべき」

チームメンバーにはそう言ってきました。

 

今回はその理由を説明します。

囲碁とは?

 

碁がどういったゲームかご存じでしょうか。

「ヒカルの碁」で知ってる方も多いはず。

 

端的に言うと互いの陣地を広げ合うゲームです。

いかに自分が囲っている目が多いかを競います。

 

昔は戦の策略を練るためにも使われていた模様。

FPSの要素はこれに非常に近いものがあります。

 

中でも特にOWやバトルロイヤル系。

箱庭系ならCoDシリーズやスプラトゥーン。

 

決して反射神経を競うゲームではありません。

いかに都合の良い陣地を取れるかの戦いなのです。

 

囲碁ルール解説リンク

 

 

『あらかじめ』が肝心

 

「布石を打つ」という言葉。

序盤に全体の局面を見据えて石を打つことです。

 

これ、実は元々囲碁の用語なのはご存知でしたか。

あらかじめ手段を講じておくときに使います。

 

※駄目、先手必勝、一目置く、盤石、等も囲碁用語

 

FPSにおいてもこの”布石”が大きく戦況に影響します。

高台は先に取っておく、薄いところは警戒しておく。

 

今回はオーバーウォッチに交えて説明していきます。

 

 

試合を変える一手

 

f:id:Strezeman:20171105232526p:plain

 

ういった布石があったとします。

なんとなく白は左に広く展開。

 

黒は右端を確実に取ろうとしています。

囲んでみるとこんな感じ。

 

f:id:Strezeman:20171105232544p:plain

 

の段階、OWでいえば戦闘開始前の布陣です。

今回は白が防衛側、黒が攻撃側だと仮定しましょう。

 

現状、黒が少し狭いように感じますよね。

白は左側を広く大きく取っています。

 

このままでは黒は右に流されてしまう。

壁際に追い込まれ、反撃の余地がありません。

 

黒は次の1手で展開を変える必要があります。

 

 

い例から見てみましょう。

 

f:id:Strezeman:20171105235005p:plain

 

例えばこのように打ったとしましょう。

確かに黒の陣地は固くなったように見えます。

 

ただ、残念ながら戦況は変わりません。

どんどん白に右へ幅寄せされてしまいます。

 

次の白は優雅に左を厚く打ってくるでしょう。

これ以上左辺が白に染まると黒は辛い。

 

黒は一石投じておきたいですよね。

 

 

は次のような手ならどうでしょうか。

 

f:id:Strezeman:20171105235539p:plain

 

白地の中、左下の白石にかかっていきました。

一見無謀に見えるようで簡単には取れない手です。

 

 

の一手による状況変化はこちら。

 

f:id:Strezeman:20171105235926p:plain

 

囲んだ部分が今互いの自由に動きやすい範囲です。

先程の1手でこれだけ戦況が変わりました。

 

次は白番。

侵入してきた黒に対して策を講じる必要があります。

 

入ってきたこの黒を潰すのか。

もしくは他の黒を狙って陣地を増やすのか。

 

白にとって考えさせられる一手となりました。

 

 

OWに置き換えてみる

 

f:id:Strezeman:20171105235539p:plain

 

の黒はタンクに近い役割を果たします。

ィンストンが飛び込みたい場所はまさにここ。

 

一見簡単に倒せそう。

でも手数と時間をかける必要がある。

 

この黒を潰す間に他で手を稼がれてしまう。

結果、白の優位性が薄れていきます。

 

ンクの仕事はダメージを出すことではありません。

味方が動ける範囲を増やすことです。

 

 

の形から

f:id:Strezeman:20171106015606p:plain

 

ウィンストン(黒)が飛び込んできて

f:id:Strezeman:20171106015644p:plain

 

そのウィンストンにフォーカスする人が現れ

f:id:Strezeman:20171106015447p:plain

 

その隙に左上で孤立している白をフォーカスする

f:id:Strezeman:20171106015511p:plain

 

その白にもカバーがつき

f:id:Strezeman:20171106020008p:plain

 

黒にもカバーがつく

f:id:Strezeman:20171106020258p:plain

 

そして白は孤立している右上を狙う…

f:id:Strezeman:20171106020347p:plain

 

最終イメージ

f:id:Strezeman:20171106021408p:plain

 

んとなくこんなイメージ。

FPSなら石が動く上に交互に打ち合うわけでもありません。

 

の戦いの起点は間違いなく左下の黒石でした。

一人でも簡単には取られない。

 

まさに戦いを作る一手です。

 

 

FPSは戦場全体を見据えた行動が不可欠。

特にOWではキルが二の次な役職があります。

 

キルを取るための戦闘。

エリアを広く取るための戦闘。

 

全体の戦況を見た上で、

あなたは使い分けることが出来ていますか?

 

 

俯瞰で見る癖をつける

 

FPSの戦闘にそこそこ慣れてきたら、

戦いを俯瞰で見る癖をつけましょう。

 

上から戦場全てを見ているようなイメージ。

盤面を想像し、石を動かす感覚で行動します。

 

マップ、味方の位置、キルログ等の情報から、

敵がどこにいるかが限定できるようになるはずです。

 

撃ち合いが得意なFPSプレイヤーは大勢います。

でも、味方にとってのベストを選択出来る人は少数。

 

ランクの壁にぶつかったとき、

自分には何が足りないのかを考えてみましょう。

 

 

囲碁志向と将棋志向

 

回はOW例に出しました。

現タイトルの中で最も囲碁ライクなゲームです。

 

マップが比較的開けていて、

正面の1vs1で撃ち合うことが少なめ。

 

単体の強さより石をどこに置くかに焦点。

広大な選択肢をどう狭めるかに重要です。

 

 

極にあるのが将棋志向なゲーム。

CS:GOやAVAのような純度の高いFPSです。

 

マップが狭く向かい合って撃ち合うことが多め。

反射神経や頭を抜く一瞬のエイムが必要です。

 

石の場所より駒の強さ。

少ない選択肢をいかに広げるかが重要になります。

 

 

[囲碁寄り]

Overwatch

———-

APEX

Fortnite

PUBG

———-

Call of Duty

———-

Valorant

Alliance of Valiant Arms

CounterStrike

[FPS寄り]

 

※大きな差があるところには線を引いています。

 

 

比重が違うだけ

 

のタイトルもトップクラスになるには、

囲碁と将棋、両方の要素が必要です。

 

そもそも将棋も立ち回りが必要ですからね。

あくまで狭い所で戦うというイメージです。

 

タイトルによって必要となる比重が違うだけ。

両方の要素を高い水準で持っていれば、

 

どんな新作FPSでも困ることはないでしょう。

 

 

まとめ

 

FPSは囲碁である、というよりは、

囲碁のようなFPSタイトルが増えたイメージ。

 

マップが開けたり、特殊能力が実装されたり、

あの手この手で新作FPSが出てきています。

 

 

囲碁を知る若者はごく少数。

両方を知る人なら関連性を感じると思います。

 

ロの対局解説を一度見てみてください。

ルールを知らなくても攻防は見て取れます。

 

今回の布石は井山氏 vs 一力氏のNHK囲碁杯のもの。

井山は日本トップ棋士、一力氏は若手最有望株です。

 

www.youtube.com

 

 

コーチングサービス

 


個人コーチングサービスを行っております。

一ヶ月の継続コーチングも開始しました。

 
3年間予約が途切れることなく受講者600名を突破。

グラマス到達報告も30名を超えました。

     

WOSP COACHING 依頼ページへ
 
 

お問い合わせ

 


記事が参考になると思って頂けましたら、

Amazonギフトによる投げ銭もお待ちしております。
( wospblog@icloud.com 宛へ)

 
OWやコーチングに関するご質問はコチラ。

  Discord:wosp#4772
Mail : wospblog@icloud.com
 
Twitterも気軽にフォローを!